オススメのバッテリーガイダンス

工事系に関する情報なら当サイトにお任せ!

車のバッテリーメンテナンスの中でも電解液の管理は基本中の基本と言ってもいいでしょう。
現在主流になりつつあるメンテナンスフリーにつきましては必要ありませんが、電解液の液面が下がった状態で使用を続けてしまうと、やがて極板が露出してしまいます。

 

このような状態で使用し続けてしまうと絶対的に化学反応を起こせる部位が少なくなってしまうので、容量の小さいバッテリーを使用しているような状況になり充放電が激しくなってしまいます。
その結果劣化が劣化を呼ぶこととなります。
更に使用を続けるとサルフェーションと呼ばれる電極板白化現象が発生します。

 

サルフェーションが発生した極板化学反応を起こすことが出来なくなり充電をいくらしても元に戻らなくなりますので交換以外に手段が選べなくなってしまいます。


 

知っているようでなかなか理解をしていないパンク修理の手順についてご説明します。
重要なことですので、しっかりと覚えておくようにしましょう。

 

1>ジャッキアップしてパンクしたタイヤを外しましょう。
2>パンク修理前に空気圧を高めにしておく。
3>ニッパーを使ってパンク箇所の刺さった物を引き抜く。
4>パンク箇所を付属の桐で軽く広げてなじませる。
5>パンク修理材に付属されているシール剤を塗る。
6>付属の工具でパンク修理剤をパンク箇所の穴に強く押し込む。
7>付属の工具の柄の部分まで押し込んだら、工具を引き抜く。
※パンク箇所に修理剤だけが残ります。
8>車指定の空気圧で空気を入れる。(少し高めの方が安心)
9>ニッパーではみ出たパンク修理剤を切除する。
10>タイヤを取り付けて終了。

 

意外と女性でも簡単に出来ますので、無理をしない程度にやってみてはいかがでしょうか?



- お勧めサイト情報 -

ベッド 通販の最新情報
ベッド 通販
URL:http://www.nest-netshop.com/



オススメのバッテリーガイダンスブログ:2014/04/24
シェイプアップするなら、
やはり体操を定期的に行った方が良いみたいです。

でも…
「忙しくて、体操する時間がない」とか
「体操音痴だから、うまく体操することができない」
「体操したことがないから、何から手をつけていいかわからない」
といった人は少なくありません。

「シェイプアップには体操が必要!」とは言っても
ジムへいって本格的な体操したりする必要はないのです。

普段からできることをやっているだけでも、
十分に体操の効果があるんですよ。

激しい体操を時々しかしないのと比べると、
比較的楽な体操を短時間、そして長期間継続して行ったほうが
圧倒的にシェイプアップ効果を期待することができるんですよね。

皆さんは
歩いているときや座っているとき、
猫背になってしまうことはありませんか?

猫背というのは、見た目の印象も決してよくありませんし、
筋肉の使い方から見ても決して効率的な姿勢とはいえません。
そこで、ちょっと背筋を伸ばしてみる努力をして見ましょう。

すると、お腹や背中の筋肉を
効率的に使うことができるようになるんですよ!
筋肉を刺激することによって、カロリー消費を促すことができ、
結果的にはシェイプアップ効果にもつながっていくわけです。

「姿勢を正す」ということは、
決して難しい体操ではありませんよね。

どんなに体操音痴の人でも、
毎日気にすることで、効果を得ることができるはずです。

このように、肉体を動かす習慣をつけると、
シェイプアップ効果を期待することができます。
肉体が軽くなることを実感できると、
さらにほかの体操を…という風に思ったりします。

いきなり難しい体操にチャレンジをする必要なんてないんです!


オススメのバッテリーガイダンス モバイルはこちら